nonママのスローライフ(^^♪


人生とっくに折り返し~悠々自適といかないまでも、オカンとネコと時々オトンとの川辺の暮らし。    
by itnon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みんなで行けば怖くない~^0^

たびともバスツアー!茨城の旅
午前7時に近くの街から出発。常磐自動車道を走り、水戸インターから、花貫渓谷、那珂湊、竜神峡、袋田の滝行きの、ツアーに友人と参加しました。
紅葉鑑賞ということで、バス3台の大人気!お天気にも恵まれて、好スタートです。添乗員さんから、朝食として小島屋のクリームパンが配られました。^^
花貫渓谷
紅葉の名所花貫渓谷は、40分のハイキング。軽い軽いとバカにしていたら、登り道で息切れ、
体力不足か、太りすぎ・・・(*_*;
吊橋を渡り、せせらぎを聴きながら、少し早い紅葉に深呼吸~^0^

c0078480_17363337.jpg

c0078480_17465824.jpg
c0078480_17432710.jpg

c0078480_17503218.jpg

那珂湊
魚市場、海を背中に新鮮な魚をゲット!昼食は那珂湊の握り寿司。^^

c0078480_17582696.jpg
c0078480_18163818.jpg

竜神峡
v字形渓谷を流れる竜神川に架かる、竜神大吊り橋。湖面から100メートル上空に架けられていて、遊歩道の長さは375メートル。往復するには、通行料がかかります。紅葉の山々に目を奪われながらも、ふと湖面を覗くと、眼下には黄色い絨毯。「バンジージャンプに向いているな~」なんて声が聞こえました。

c0078480_18425971.jpg

c0078480_1217750.jpg

c0078480_18434312.jpg

c0078480_18444171.jpg

人気の竜神吊り橋を往復して、お土産を物色したり、栗のソフトクリームをいただいたり。色んな屋台が出ていて、友人は焼きおにぎりをゲット~「お餅も美味しそうね~」「鳥の照り焼きもいい匂い!」美味しいものって、ホントに罪だわ~(>_<)
袋田の滝
日本三大瀑布の一翼を担う袋田の滝。四段に落ちるその優美な姿は、デジカメに収まりません。山を刳り貫いても、正面から見たかった先代の思いが、ひしひしと伝わります。

c0078480_1973412.jpg

c0078480_199751.jpg

美しい名瀑の余韻を感じながら、車上の人に・・・夕飯は地鶏焼き丼と手打ちうどんをバスの中で・・・帰りに立ち寄った「こんにゃく関所」でメッチャ美味しい、熱々のゆず味噌こんにゃくをゲット!
暖かなお天気に恵まれ、紅葉と渓谷と吊橋と名瀑と、そして食い倒れの、大満足の旅でした。
[PR]
by itnon | 2006-11-15 19:34

菊薫る~~♡

秋も深まり、色とりどりの菊の花が、そこかしこに見受けられます。お隣の畑も見事な菊盛り~! 「仏壇に添える花を切りにいらっしやい」とお声がかかったので、ご近所さんと早速お邪魔。燦々とお日様が降り注ぐ、暖かな昼下がりです。~♪

c0078480_10421497.jpg

c0078480_10125317.jpg
c0078480_10143428.jpg

ついでにみかん狩り~結構甘くてチョイすっぱい。これぞみかんの味!

c0078480_10201927.jpg

そして我が家は、菊づくし~^0^

c0078480_10475231.jpg
c0078480_10491221.jpg

ご近所の恵みに感謝です。
[PR]
by itnon | 2006-11-13 10:50

天高く我肥ゆる秋^^

品川プリンスホテルで人気の、ブッフェレストランで昼食~~♪

c0078480_0165720.jpg

以前から話題になっていたレストランに、友人たちと出かけました。
ズワイ蟹をはじめ、ローストビーフなど、40品以上が、うたい文句です。何より、2100円と格安で、ホテルレストランの雰囲気を、一応満喫できるたたずまい。
でも、ガサガサ賑やか。でも、そんなに食べられな~い。^^
ひたすら食べ、ひたすらお喋りの2時間半でした。
唯一、美味しかったのは、コーヒーとこれ~!

c0078480_043567.jpg

お腹がいっぱいになったので、日比谷公園でもブラつきましょう。公園でこんなに可愛いウエディングチャペルを見つけました。

c0078480_0493938.jpg

都会のオアシス、久し振りの日比谷公園は、のどかで、気持ちのいい風が吹いていました。
[PR]
by itnon | 2006-11-13 00:55

花梨の季節

リビングのサッシ戸を開けると、花梨の香りが漂ってきます。
今日は突風が吹いて、花梨の実が沢山落ちてしまいました。蜜でしっとりした実や、まだ青い実も、この突風にはかないません。
それでは、花梨の蜂蜜漬けを作りましょうか^^この実って、堅いのよね~

c0078480_21525751.jpg

c0078480_21533228.jpg
c0078480_21535466.jpg

c0078480_21541175.jpg

花梨エキスが、蜂蜜にミックスしたら出来上がり。風邪の季節には重宝します。
部屋中に漂う花梨の香りよりも、ミミちゃんは、こっちの方が気になって・・・

c0078480_23191573.jpg

そしてこれ~!胸やけなの~?

c0078480_23212899.jpg

今日は立冬。冬の嵐で、北海道佐呂間町は、竜巻で大きな被害にあわれたようです。
何が起きるか分らない昨今、怖いですね! こころから、お見舞い申し上げます。
[PR]
by itnon | 2006-11-07 22:25

コスモスフェスタ当日。

コスモスフェスタ当日。午前中に畑に行きました。勿論コスモス摘み~~♪
すごい賑わい!地域の人たちの出展している店が沢山出ています。

c0078480_22505674.jpg

c0078480_2252553.jpg

花瓶に飾るお花と、植木鉢に植えるお花を頂いてきました。^^

c0078480_22584753.jpg
c0078480_22595473.jpg


午後からお友達と食事をし、我が家でお茶・・・
「わ~ステキ!」見事なコスモスに感嘆の声。^^
彼女達のお目当ては、我が家の特大の花梨。蜂蜜漬けの季節です。^^

c0078480_23114314.jpg

c0078480_23133272.jpg
c0078480_2315366.jpg

[PR]
by itnon | 2006-11-03 23:32

コスモスフェスタ前日

スィミングの帰りに、コスモス畑に寄り道~~♪
コスモスフェスタを明日に控えて、大勢の人が雑草を抜いたり、看板を出したり、忙しそうに働いていました。綺麗なお花には、お世話をして下さる人あり、「お世話様です。」と声をかけると、
「明日は早く来ないと、お花が無くなりますよ~摘み取りできますからね」との事・・・
今日が見納め~~!

c0078480_18213754.jpg

c0078480_18224240.jpg

介護のお年寄りもバスでいらしていて、肌寒い風の中、車椅子を押すヘルパーさんと、楽しそうにコスモス見物。今日が見納めなんて、もったいないな~

c0078480_18243466.jpg
c0078480_18261767.jpg

明日はここに地域のお店がずらりと並び、沢山の人で賑わいます。

今日の定食やさん。650円ランチ。果物は柿が付きました。友達と話が弾んで、コーヒーも頂
き、200円の追加。ご馳走様でした~~^0^

c0078480_1827237.jpg

[PR]
by itnon | 2006-11-02 18:36

映画を観ました。

日比谷、スカラ座で、映画「ブラック・ダリア」を観てきました。^^
ジェイムズ・エルロイの原作。ブライアン・デ・バルマ監督がメガホンを撮っています。
映画のキャッチコピーは、”世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。”
”汚れた悲しみ、吠え続ける欲望。”関わるものすべて焼き尽くす「ブラック・ダリア」事件の真相とはー?(何だか恐ろしい・・・!)

「1947年1月15日、ロサンゼルスのダウンタウンで、腰で二つに切断され、口を耳まで切り裂かれた、女の惨殺死体が発見された。」と言う実話をもとに、ジェイムス・エルロイが小説化。この事件の真相を推理する、様々な本や、論文も発表されましたが、決定的な証拠は見つからず、2006年現在も事件は未解決のままです。

映画「ブラック・ダリア」
惨殺された被害者は、ハリウッド・スターを夢見て大都会にやって来た、22歳のエリザベス・ショート。黒い髪と黒い服の美貌の女を、人は「ブラック・ダリア」と呼んだ。
物語は事件の捜査にあたった、二人の刑事を中心に展開していきます。と言っても、単なる刑事ドラマではなく、怪奇ドラマでもなく、人間の深層心理によって迷走していくドラマでした。
アメリカ文学界の狂犬といわれる、ジェイムス・エルロイの小説に見られる、二つのキーワード「破滅か、愛か」狂気を救うのは、慈悲の心、「愛」であると言う、作家の信念が感じられます。

「ブラック・ダリア」は小説をずいぶん前に読んで、少なからず衝撃を受けましたが、最近この小説を読んだ友達は、口を揃えて「とても怖かった!映画で描けるのかしら?」と言っていました。この映画の監督は「ミッション・インポッシブル」で、スーパーマン的主人公を描いて人気の
人です。エルロイの世界は、人間の弱さ、脆さ、危うさ、複雑さを満載した作品です。じっくり描いても、説明不足になりやすい・・・やっぱり、映像化するのは難しいかなあ~。

エルロイの小説で映画化され、1997年、アカデミー賞二部門に輝いた「L・A・コンフィデンシャル」も観ましたが、刑事ドラマの枠を超えて、苦悩する人間ドラマとして、とても面白かったです。

「ブラック・ダリア」「L・A・コンフィデンシャル」そして「ホワイト・ジャズ」など、ジェイムス・エルロイの小説に魅了されて、読みまくっていた頃を思い出します。

さて、映画友達とそんな話をしながら、楽しみな昼食は日比谷で中華~~♪

c0078480_22572585.jpg
c0078480_22582048.jpg

この他、シュウマイ、餃子付き。^^ 喫茶店に移動して、お茶とケーキ。^^
[PR]
by itnon | 2006-11-01 23:52
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Tramadol no ..
from Tramadol no pr..
Buy codeine ..
from Codeine.
Buy nolvadex.
from Buy nolvadex.
Buy phenterm..
from Buy phentermine.
Tramadol.
from Tramadol.
Buy adderall..
from Buy generic ad..
Hydroxycut a..
from Paxil.
Viagra.
from Natural viagra..
Side effects..
from Metformin.
Naproxen dr.
from Brand names fo..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧