nonママのスローライフ(^^♪


人生とっくに折り返し~悠々自適といかないまでも、オカンとネコと時々オトンとの川辺の暮らし。    
by itnon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

これは食べられないよ~♪

玄関に秋を活けてみました。

c0078480_22352258.jpg

”来た!来た!”「何しているの?」 秋をね~活けてみたの・・・どう?」

c0078480_22392776.jpg

「まあ・・・いいんじゃない」
c0078480_22411421.jpg

「甘そうなあれ、旨そうじゃない」
c0078480_2245714.jpg

「これ?食べられないよ!作りものだもの・・・」え~!大丈夫かな~(*_*;

c0078480_22502979.jpg

午後4時50分。散歩道に菊の花~♪

c0078480_2364877.jpg

こんな空。

c0078480_238636.jpg

c0078480_23111548.jpg

水面に夕焼け空が・・・

c0078480_2315118.jpg

「あれ!なに?」

c0078480_2318125.jpg

c0078480_23204939.jpg

西の空、お魚が・・・ん?巨大ナマズか?

c0078480_2325282.jpg

さすがに、これは食べられないでしょう。東の空に魚の群れが・・・

c0078480_23411277.jpg

[PR]
by itnon | 2007-10-30 23:44 | 犬と猫

『コスモスフェスタ』10・28~♪

昨日は台風~今日は晴天~♪
「コスモスフェスタ」の会場にやって来たのは、午後2時半。お祭りはほぼ終っていました。
お店屋さんが、忙しげに店じまいの最中!今日はコスモス摘み放題です。

c0078480_2324494.jpg

c0078480_23262259.jpg

昨日の豪雨で、コスモス畑は泥沼です。靴とパンツを犠牲にして、私もコスモス摘みの仲間入り。本当は根から持ち帰って、我が家にコスモス畑を作りたかったのですが、昨日の台風も影響してか、太い茎がほとんど倒れていて、持ち出せる根っこが無いんです。

c0078480_23351141.jpg

c0078480_2338381.jpg

今年はコスモスにとって、大きな台風が命取りになりました。昨年は、どんな様子だったかと言うと・・・こんな風でした。色が全然違うわ!

c0078480_23454917.jpg

家に持ち帰って、早速活けてみました。「わ~お!綺麗で~す。」☆☆☆

c0078480_011541.jpg

[PR]
by itnon | 2007-10-29 00:17 |

風流なんて関係ない?

帰省していたあんちゃんが、海の町へ帰っていき、ミミもホッと・・・なにせ、男の人が嫌いなんです。
リキの散歩のお土産に、岸辺のネコジャラシを、ミミの為に活けて見ました。
今夜は十三夜、『十三夜に曇りなし』とか、豆名月とか、栗名月とか、テレビのニュースで言っています。

「え~~っ!なにそれ~?」「なにって・・・あれでしょう~チョイチョイってするでしょ~」

c0078480_23121471.jpg

「え~~!そう来る?」

c0078480_23194022.jpg

「なにこれ!食べられるの?」「あんたには、風流は通じないわね~~」

c0078480_23233691.jpg

とにかく食い気、やっぱり相棒に似るのよね~~(*_*;
気をとり直して、今夜の主役十三夜。

c0078480_23271117.jpg

[PR]
by itnon | 2007-10-23 23:31 | 犬と猫

羊が・・・?匹

ご近所に回覧版を持って行こうと、外に出て出会ったこんな空・・・!
10月22日、1時30分。

c0078480_0104742.jpg

羊牧場から、フワフワお散歩?今日はあんちゃん(息子)が帰省しているので、
「ね~見て!見て!あの空・・・!」

c0078480_0122295.jpg

『散歩時間ですよ~~』「そんなに吠えなくても・・・!」

c0078480_0194410.jpg

4時34分の優しい空。

c0078480_0252214.jpg

川辺に続く散歩道に、揺れているコスモス。

c0078480_0324129.jpg

そして、リキの大好きな土手へ・・・。「一日として、同じ空は無いよね。」なんて言ってみても、リキには空も、花もあんまり関係ない!

c0078480_03918100.jpg

c0078480_0403360.jpg

4時40分の西の空。キレイ!火の鳥が羽を広げてる・・・

c0078480_0442346.jpg

4時50分の東の空。海の中を走る魚の群れ・・・

c0078480_101132.jpg

まるで、絵画を見るような、秋の空です。
[PR]
by itnon | 2007-10-23 01:09 | 散歩

秋・・・満載~♪

コスモスが、そこかしこに優しく揺れています。わが町のコスモス畑。休耕田に植えられたコスモスは、どんな具合かと様子を見に行きました。
あ、あれ~~!10月28日は「コスモス・フェスタ」が開かれて、花摘みも出来るんです。

c0078480_22353685.jpg

10月28日・・・大丈夫・・・?
リキの散歩コース、土手のコスモスも、台風で痛手を受けて、まだ茎の細い状態です。この畑もよく見ると、倒れている太い茎が・・・。それでも5歩咲きというところでしょうか・・・。


c0078480_22573028.jpg

コスモスって、可憐で優しげな花ですね~。緑の匂いの中で、紅色の花と同じ高さで空を見ると、懐かしい気分になるのです。都会で育った私が、コスモスの中に座ったことなど無かったのに・・・。

c0078480_23818.jpg

帰り道、川辺に広がる草紅葉。校外授業でしょうか?黄色い帽子の子供達の、元気な声が響いています。

c0078480_23185113.jpg

こっちの方も、えらく賑やか!

c0078480_23211474.jpg

うわ~!何かの集会?あちらからも。。。こちらからも。。。

c0078480_2323384.jpg

c0078480_2324395.jpg

地球保護!温暖化対策!それとも食料問題!あなたも参戦・・・?

c0078480_23283799.jpg

お気に入りの食料が、蒔かれているのでしょうか?休耕田にしか見えないけど。。。?

さて、こちらはリキの散歩コース、土手のコスモスです。午後四時半、昨日は素晴らしい夕焼けでしたが、今日は少し寒い空模様。

c0078480_2344515.jpg

台風で倒れたけど・・・「頑張って咲いたよね~~」

c0078480_23402628.jpg


川辺も秋色、セイタカアワダチソウが、黄色い帽子を風に揺らし、どこからか「ピ~~ヨ~」
と水鳥の声。リキも耳を澄まします。

c0078480_001513.jpg

c0078480_23574284.jpg

[PR]
by itnon | 2007-10-19 00:05 |

雨の関越路~♪

10月8日、午前6時50分。全国的に今日は雨の予報。「たびともバスツアー」のバスが2台連なって、わが町から”どこか?"にスタート。雨が降り出さないのがラッキーです。

「2007年紅葉スタートミステリーツアー 秋の味覚松茸づくしにカニ・マグロの舟盛御膳」そんな謳い文句と5,980円の格安値段に誘われて、プール仲間3人で参加しました。

c0078480_2142828.jpg

「さてこのバスは、どこに向かっているのでしょう?」添乗員さんの涼しい声。どうやら関越道を走ってる様子。「群馬~?」「長野~?」「山形まで行かないよね~~?」「当たった人には賞品を出したかったのですが、自腹なので止めます!」そんな添乗員さんに、バスの中は笑い声。「答え、ヒットしてるんだ!」(笑)

最初のトイレ休憩は「嵐山」。さっそく友達から温かい串団子の差し入れ。「朝早かったからね」「ありがとう・・・」とっても美味しい。^^

c0078480_2282135.jpg

「前にサクランボ狩りに行った時に、この道通った気がするの・・・新潟だっけ」「うそ~山形でしょう」私達の前の席の添乗員さんが、クスクス笑っています。「そう山形寒河江でした。」「新潟、全然違うじゃない。」”そんなに言わなくても・・・。”(*_*;

車窓から・・・曇り空のせいか、田も山も秋の風情です。

c0078480_21302054.jpg

c0078480_213039100.jpg

c0078480_2145385.jpg


吾妻町、渋川、「群馬よ、草津に向かっているんだわ・・・。」雨が降り出して、窓に雨粒。山も煙っています。

c0078480_22142360.jpg

お目当ての紅葉は、まだ早かったようです。

c0078480_22174284.jpg
 
バスは白樺の林を抜け、山道を登ります。山肌を滑るように立ち込める雲海、幻想的な風景。渋峠、2,700mの絶景です。ここは温泉処、硫黄の臭いが立ち込めています。

c0078480_22244414.jpg

c0078480_220242.jpg

志賀、草津高原ルート。紅葉時期には見事に赤く染まるそうです。今日は雨のせいで、押し寄せる波頭のような雲海。「ウワ~素敵!」「すご~い!」

c0078480_22351868.jpg

霧が立ち込め、何も見えなくなりました。運転手さん、頑張って~!

c0078480_2237495.jpg

何とか霧から脱出。信州湯田中温泉、ホテル豊生へ。もちろん少し遅いランチです。

c0078480_22493516.jpg

確かに、松茸、カニ。舟盛御膳・・・。「どこに、松茸。。。?」ま~色々ご不満もありましょうが、何せ5,980円の旅ですから。。。「あの雲海が見られただけでも、満足しなくては・・・。」「そう・・・ね」と言うわけで。。。

今日唯一のバスの外、戸隠神社に参拝。立派な鳥居、御神木。杉の発するマイナスイオン。清清しい空気が漂っています。

c0078480_21474416.jpg

c0078480_2335288.jpg

c0078480_2365861.jpg

c0078480_2381949.jpg

運転手さん二人体制で、ずいぶん遠くまでやって来ました。紅葉一歩手前、黄色く染まる山道も、素晴らしい雲海も、雨天ならではの風情でした。この旅は大漁箱のお土産付(鯛1匹、サンマ1匹、ホタテ10個、カニ足4本、)です。

雨も上がり、坂戸ドライブインで、コロッケとおむすびをゲット。ワイワイと夕食をとりながら、帰路に着きました。




 
                                             
[PR]
by itnon | 2007-10-16 23:38 |

テーマ「大人たちの失敗」

10月6日、ボランティア連絡会創立三十周年記念講演が、我が町のサンシティ市民大ホールで、開催されました。
入場時間が、12時30分だったので、子育て支援アドバイザーの友人たちと、待ち合わせてランチ。早めにサンシティへ・・・。広場ではバザーも開かれていて、楽しげに賑わっています。私達も色々見繕ったり、友人は手作りの素敵な壁飾りをお買い上げ。私も可愛いコサージュを「エッ、50円?」

c0078480_23262037.jpg

12時30分、会場は長蛇の列。後から来た友人をやっと捜し当てて会場入り。会場内には、ボランティア活動の展示などもあります。

30周年記念式典。昭和50年10月「市のボランティアの会」が誕生。当初11名の会員が、現在43グループ約760名のボランティア連絡会に成長し、平成16年11月には「緑綬褒章」を受賞。(ご立派!)「温故知新」の精神でこれからの活動につなげていきたいと、会長さんからのご挨拶。市や、教育委員会など、来賓の挨拶、閉式の言葉につづき、プログラムは進行していきます。(この会場は1675席、満員です。)

13時30分から、文教大学吹奏楽部の演奏。

c0078480_0203476.jpg

c0078480_0211813.jpg

「威風堂々」「剣の舞」「木星」「ブラボーブラス」「となりのトトロメドレー」久し振りに吹奏楽を聴いて、すっかり感動・・・「千の風になって」を会場一体となり、みんなで歌いました。

c0078480_026551.jpg

最後に、お馴染みの「ディズニーメドレー1」・・・音楽って本当に素晴らしい!若さが眩しいひと時でした。文教大学は桜並木がつづく元荒川沿いにあります。全日本吹奏楽コンクールでは、昨年まで連続3回金賞を受賞した実力です。

14時30分。櫻井よしこさんの講演。テーマは「大人たちの失敗」
テレビで拝見する通りの、小柄で綺麗な方です。白いスーツがとても清楚で、人柄を感じさせます。ゆったりとした語り口で、櫻井さんらしい厳しいテーマ。ここからは、写真は撮れません。

c0078480_0475099.jpg

戦後62年、敗戦により米国から与えられた日本国憲法に基づいて、現在に至っています。憲法3条には、国民の自由、権利がうたわれ、戦後の教育は、自由と平等、権利を教えました。

民主主義を推し進める米国などでは、国民の自由や権利を学ぶ時、責任や、義務を同時に学んでいる。日本の大人たちの失敗は、自由や権利を主張するとき、その裏には、責任と義務があることを教えてこなかったその挙句、親を尊敬することを忘れ、自分の権利ばかりを主張する、こころの狭い人間を生み出してしまったことです。

大人を変えることは難しい。子供たちをきちんと教育する事が大切です。食育や、緑や花を育てる教育で、不登校や、万引きなどがなくなり、子供が変化することで、大人も変って行ったという、地方の学校の例などが話されました。

静かな語り口の中に情熱を込めて、この国の危機的状況を話される櫻井さんは、とても説得力があり、近頃世相を騒がせている事件など、考えさせられます。
自由と権利の裏には、責任と義務がある。私達大人は、子供の自由と権利を尊重するあまりに、責任と義務に対して、消極的であったと思います。胸にズンとくるお話でした。

講演が終ったころは黄昏時です。「早く終ったら、お茶しましょう」なんて言っていましたが、皆さん主婦なので、次回のランチの日時を約束して、解散しました。
[PR]
by itnon | 2007-10-11 01:52 | ブログ

メンタルヘルス・デー~♪

気の会う友達と、ふらりとランチ!元職場の仲間、私以外は皆さん現役。忙しい日常、お互いに気遣いながらも中々会えず、やっと時間を合わせてのランチタイム。遠慮なく何でも話し合える、正真正銘の親友たちです。^^

馴染みの町をブラブラ歩き、岸辺の花に誘われて微笑み合い・・・。

c0078480_23351071.jpg

c0078480_2349996.jpg

素敵な喫茶店に立ち寄って、ウインナーコーヒーとチョコサンデーで乾杯!長い主婦暦、夫のこと、子供の悩み、年老いた親のこと、人に言えない家庭の事情も、じっくりと話し合います。

c0078480_23505969.jpg

c0078480_23523170.jpg

時間の流れるままに、忌憚無く何でも語り合える友達っていいな~~”ちょっと疲れたかなぁ”の日常に、最高のメンタルヘルス~♡
[PR]
by itnon | 2007-10-09 00:08 | ブログ

赤ちゃんといっしょ~♪

ナマズの里、吉川駅からバスに揺られ、吉川市民センター「オアシス」にやって来ました。青い空に、白い雲がふんわりと浮かんでいます。
今日は吉川市子育支援ネットワークが主催する、0歳~1歳の『赤ちゃんサロン』です。

c0078480_2321473.jpg

c0078480_23224667.jpg

みんなで輪になり、わらべ歌で自己紹介。「あなたが大好きよ」と言って、可愛い可愛い赤ちゃんを、ギュ~~っと抱きしめて・・・それが何より大切~♡

c0078480_1322177.jpg

c0078480_1323960.jpg

懐かしさを誘う、優しいわらべ歌。お母さんに抱かれて、にこにこの赤ちゃん。パネルシアター「大きくなっちゃったー」小さなお野菜が、あれ~・・・赤ちゃんたちも興味深々です。わらべ歌には、即反応します。

c0078480_1331025.jpg

c0078480_1333326.jpg

グループに分かれて、お喋りタイム。スタッフからテーマの提案。「お父さんは育児を手伝ってくれますか?」帰宅の早いお父さんと、遅いお父さんでは、育児の分担も随分違います。「ゆっくりお風呂に入りたい」お母さんの切実な思い・・・。何でも口に入れる時期の赤ちゃんたち。救急救命は必修で、お母さんたちも真剣です。

c0078480_137051.jpg

私もグループに参加して、楽しくお喋りさせていただきました。短い時間でしたが、大幅に時間延長になるほど、充実した内容でした。「赤ちゃんサロン」は、月2回開催されています。

スタッフは、子育て支援アドバイザーや、保育士経験者、児童福祉委員さんなど、色々な方がいらして、皆さんボランティアです。今回は、わらべ歌の素晴らしさを体験しました。覚えたいな~~。

余談ですが、「ナマズの里」吉川市のシンボル、吉川駅前のモニュメント、5メートルもの金色のナマズ親子を前回紹介しましたが、稲作農業が盛んだったこの地域には、低地だったということもあり、川の水を引き込んだ用水路や小川が各所に流れ、ナマズがいたるところに生息していたそうです。

都市化の波に、ナマズたちも飲み込まれ、昭和40年ころから、急激に数が減ってしまいました。現在では、環境破壊に対する反省から、かっての吉川の自然が見直され、古くからこの地で親しまれてきた、ナマズをシンボルとした町づくりを、進めているそうです。

駅前にはナマズグッズを扱った、こんなお店が・・・ナマズクッキー、ナマズ饅頭、お菓子から、ホルダー、ぬいぐるみなどなど、様々なナマズをモチーフにした商品を扱っています。私もお店の人と、ナマズ談義で盛り上がりました。

c0078480_138256.jpg

吉川市の、子育てネットワークで出会った人たちの温かさは、自然や、町や、人を慈しむ、ナマズごころそのもののようで、気持ちがホッコリとした一日でした。(笑)
[PR]
by itnon | 2007-10-07 01:47 | ブログ

雨の日は、映画仲間と~♪

9月の最後の日、冷たい雨の中、迎えに来てくれた友人の車で、浦和美園のワーナーマイカルズ・シネマへ。『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』を観ました。

c0078480_2325476.jpg

フランスの国民的歌手、エディット・ピアフの47年の生涯を描いた映画です。ピアフの16歳から47歳迄を演じたマリオン・コティアールの演技力には、すっかり魅せられてしまいました。

少女の頃の天真爛漫さ。「愛の賛歌」を歌い上げた、運命の人との出会い。愛を失って喪失の日々と、歌への壮絶な依存。特殊メイクや、長身を小さく見せるなど、ピアフになりきる為の努力も、凄まじいものがあったそうです。

マリオン・コティアールはインタビューに答えて「ピアフを演じる上で、ピアフの歌い方ばかりではなく、体や舌の動かし方、小さな息遣いさえも把握したかった。彼女の存在、言葉、声の出し方に至るまで同化し、自分の中に彼女が存在しているかのようで・・・「愛の賛歌」は奇跡が起きる瞬間だった。」

マリオンの言うように、ピアフを演じる、彼女の力強い歌声は素晴らしいもので、ピアフ本人の歌と聞き間違えるほどでした。

エディット・ピアフは、第一次世界大戦の戦火の中に誕生し、戦後のフランス・パリで、社会の底辺で生きてきました。この社会の底辺で潜むようにして生きる、庶民の暮らしを歌う現実派女性歌手は、この社会情勢を背景に、生まれてきたのです。波乱万丈のピアフの人生は、胸に迫るものがあります。

劇場を出るまで映画の余韻に浸ってか、友人たちも無言でした。開口一番、三人とも「主演女優賞は決まりだね~」いい俳優さんが沢山出ていましたが、久し振りに本物の女優さんに出会えた映画でした。
[PR]
by itnon | 2007-10-03 00:28 | 映画
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Tramadol no ..
from Tramadol no pr..
Buy codeine ..
from Codeine.
Buy nolvadex.
from Buy nolvadex.
Buy phenterm..
from Buy phentermine.
Tramadol.
from Tramadol.
Buy adderall..
from Buy generic ad..
Hydroxycut a..
from Paxil.
Viagra.
from Natural viagra..
Side effects..
from Metformin.
Naproxen dr.
from Brand names fo..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧